歯磨きだけでとれない口臭対策について

 

歯磨きだけでとれない口臭対策

 

好きな人の前で思い切ってしゃべれない、口臭が気になってしまうというお悩みを持っている方は多いのではないでしょうか?歯磨きをしているのに気になってしまう、そんなあなたに、歯磨き+舌磨きをお勧めします。

 

 

舌磨きがなぜ効果的なの?

 鏡の前で、あっかんべーをしてみてください。あなたの舌の色は何色ですか?健康であればきれいなピンク〜赤であると思います。しかしよーく見てみると、舌の上に白い苔のようなものがついていませんか?これを舌苔と言います。これは舌の汚れです。食べかすであったり、コーヒーなどの着色などによっても色が変わりますが、決していいものではありません。これがあなたの気にしている口臭の原因になっているかもしれないのです。よく考えてみると、歯の食べかすなどの汚れは取るのに、舌はの汚れは取らないなんておかしいですよね。ぜひ今日から舌磨きをしてみてもらいたいなと思います。

 

 

やり方はとても簡単。

その名の通り舌を磨くだけです。しかし歯と違って、舌は柔らかく傷つきやすい組織です。ですので歯ブラシではなく、舌磨き専用の柔らかいスポンジブラシを使いましょう。歯磨きが終わったら舌磨きブラシでやさしく舌苔をなぞるように取ります。この時に歯磨き粉を少しつけるとさらに効果的だと思います。しかし注意してほしいのは、舌苔をとりたいがために、力を入れてこすらないことです。力を入れると舌の組織が傷つき、唾液の分泌に影響が出ることがあります。唾液をしっかり分泌できれば、汚れを洗い流してくれたり口腔内環境を正常にしてくれるのですが、舌磨きによって傷がつくと、分泌が少なくなり、かえって口臭がひどくなることもあるのです。ですのであくまで「なぞるだけ」で優しく取り除きましょう。ペーストの歯磨き粉だと刺激が強いなと感じる方は、最近は泡で出る歯磨き粉なども登場しているみたいなので、舌磨き用に使ってみてもいいかもしれません。

 

舌磨きは一日に何度もしなくてもOKです。何度もすると、舌が傷つくリスクのほうが大きくなるからです。おすすめは朝です。寝ている間が実は一番口腔内は汚れているのです。朝一番の歯磨きに加えて舌も磨いて、気持ちよい一日を送りましょう。