むくみ解消のためのマッサージについて

むくみ解消のためのマッサージ

 

顔のむくみを解消すれば、見た目もスッキリ!

 

デスクワークが中心の方は、夕方になると手足がむくみやすくなることが多いものです。
むくみは手足だけでなく、顔にも生じるもので、
顔がむくむと、実際の体重よりも太って見える原因になってしまいます。
むくみをとって、顔をスッキリとさせたい方におススメです。

 

 

.肌への摩擦は、肌を痛める原因となります

マッサージの際には、肌をこすらないよう、マッサージオイルやクリームを使用するようにします。
ゆっくり入浴できる場合は、お風呂で湯船につかりながらマッサージすると良いと思います。

 

 

まず、耳の下や首筋、鎖骨をマッサージします。
顔にたまった余分な水分や血液を流していくイメージで、やさしくさすります。

 

 

.顔の中で、「押すと気持ちいいところ」を重点的にマッサージします。
この際、力を入れすぎるとアザになってしまうこともあるので、
押して痛すぎないくらいの力でマッサージします。
押すと気持ちいい場所は、おでこ、眉毛の生え際、こめかみ、頬骨の下、ほうれい線のできるところ、鼻の下、下唇と顎の間あたりなどが挙げられますが、
その日の体調や疲れ具合によっても場所が変わってきますので、
自分で顔をまんべんなく押してみて、気持ちいい場所を探すと良いと思います。

 

 

顔のマッサージが終わったら、最後にもう一度、耳の下、首筋、鎖骨をマッサージして
余分な水分や血液を流していきます。

 

 

もし時間に余裕があれば、頭や首の後ろ、肩のマッサージもおススメです。
特に頭皮は、顔の皮膚とつながっています。
実際に押してみると、顔以上にコリを感じることも多い場所です。
洗髪前にヘアオイルをなじませて頭皮マッサージをすれば、髪のつやを保つためにも役立ちますし、
それだけの時間的・体力的余裕のない方は、シャンプーしながらでも頭皮のマッサージをすると、
頭のコリも取れて、疲れが解消されます。

 

 

.むくみは1日2日では解消されませんが、毎日続ければ、目に見えて効果が表れます。
実際、私も、顔のマッサージをして1か月ほどで、
「痩せた?」と言われることが増えました。
体重は変わっていませんが、むくみがとれ、見た目がスッキリすることで、痩せたという印象を持ってもらえたようです。

 

 

マッサージの効果は分かるけど、疲れるしめんどくさい、という人に

 

マッサージをすればむくみがとれる、ということが分かっても、
忙しい日々を送っている人に取っては
「マッサージよりも、とにかく休みたい!」というのが本音かもしれません。
確かに、自分の手でマッサージすると、力加減はしやすいけれど、腕も疲れてしまいやすいものです。
そんな方は、マッサージグッズを利用したり、時にはプロの手でマッサージしてもらうのも一つの方法かもしれません。
また、鏡を見ながら「ひょっとこ」のような顔をしたり、梅干しを食べた時のような酸っぱい顔をしたりして、顔の表情筋を意識的に動かすのも、むくみ解消にはおすすめです。