お水を使ったフェイシャルスキンケア

 

お水を使ったフェイシャルスキンケア

 

年齢を重ねるにつれ、困ってくるお顔のたるみ、シワ、艶のなさ。
ローションや、保湿材が欠かせなくなってきます。保湿剤で良いものを買うのにはお金がかかる。面倒、もっと手軽にと思う方に便利な方法になります。

 

最近巷で流行りの水素水、私はこちらを美容液代わりに使っています。使い方はいたって簡単、スプレー容器に、水素水を入れて洗顔後の顔に吹き付けて染み込ませるように押していきます。普通のフェイシャルスキンケアと同じやり方です。これを朝晩二回やっています。
水素水というのは、体の中の悪い物質、体のザビの原因、要するに老化の原因である活性炭素を消してくれる効果があると言われております。水素水を飲んで体の中から綺麗にしたり、水素風呂というので皮膚から水素を入れる方も多かったりします。私の場合はお風呂も良いのですか、面倒なので、顔に吹き掛けてます。

 

また、時間があるときは水素水をコットンに染み込ませて顔のパックを行います。そして、3分ほどやってから保湿剤を顔に塗ってあげます。

そうすると、顔に弾力が出てハリをすごく感じて、しかもしっとりしたお顔になってるのを実感できます。
これでしたら、高級スキンケア用品よりも安上がりですし、何よりもお水なので、化粧品のような科学薬品を使ってないので、どなたにでも合いますし、安心して使い続けることができます。肌の弱い方は、化粧品に、よっては合わなかったり、かぶれてしまったりすると想いますが、これは問題なく使えます。

 

私はこの方法を続けてまだ2ヶ月くらいですが、最近は若返ったと言われるようになり効果を実感さております。ただし、簡単にできるから、効果があるからといって、パックのは場合は長時間やらないでください。

 

 

水分が乾燥してしまって、せっかくお顔に水分を与えてあげたのに、コットンがまた吸い上げてしまいますので、3分くらいを目安に行ってください。パックをしないで吹き掛けるだけであれば、たっぷりかけてあげても大丈夫です。

 

出きればコットンは使ってあげたほうが効果を感じることができます。また、水素水は商品によって、水素の含有量が異なりますので、あまり低いものではなく、きちんと入ってる商品を使ってください。