自分の肌を知り季節に合わせたスキンケアをしよう

季節に合わせたスキンケア

 


どんなスキンケアをすれば良いか分からない、基礎化粧品はどんなものを選べば良いか分からない方へ。

まずは、自分の肌を客観的に見てみましょう。乾燥してる?それともオイリー肌の持ち主?

 

 

.まずは自分の肌を知る

 

自分の肌を知る事はとても重要な事です。乾燥肌?オイリー肌?敏感肌?スキンケアはトレンドや情報になるべく流されず、自分に合ったケアの仕方をするべきです。よってまずは自分の肌の事を知りましょう。私は、オイリー肌なので、しっとり系の化粧水よりもさっぱり系の化粧水を使用しています。夏は特に、テカリが気になるので、化粧品もテカリを抑えてくれるモノを選び、極力塗り過ぎに注意しています.幼少期はアトピー持ちでしたので、敏感肌でもあります。よって、基本、メイクも薄くナチュラルに仕上げ、化粧品もなるべく自然のものが入っていて、小さいパッケージで1年くらいで使い切れるものを使用しています。洗顔は、朝は水だけ洗顔、洗顔料の使用は夜だけにしています。これは、乾燥している冬場、洗顔料を使うと必要以上に自分の肌の油脂が洗い流され、洗顔後、肌の乾燥が気になったので朝は水だけ洗顔にしています。このように、自分の肌を知り、肌に合ったスキンケアや化粧品を選ぶようにしましょう。

 

 

.季節に合わせたスキンケアしていますか?

 

日本の四季はとてもはっきりしています。夏は気温も湿気が高くジメジメとしていて、冬は気温が低くとても乾燥しています。初夏には梅雨もありますね。特に、夏と冬では空気の乾燥度合いが全く違います。


スキンケアも季節に合わせてすることをおすすめします。全文で言いましたが、私はオイリー肌ですので、夏はさっぱり系の化粧水を使用しています。冬場の乾燥はさすがのオイリー肌でも夏とは違い保湿が足りなくなってきます。乾燥が気になる季節になると、オールインワンジェルを洗顔後たっぷり使い始めます。その上、たまに湯船に浸かりながら
フェイシャルマスクで保湿をしてあげます。このように、季節に合わせたスキンケアをする事で、肌荒れや肌トラブルなく過ごす事が出来ます。

 

自分の肌が乾燥肌かオイリー肌か分からない方は、手っ取り早い方法として、あぶらとり紙を使用してみましょう。あぶらとり紙がさらさらなままなら乾燥肌、色が変わったらオイリー肌です。

 

自分の肌を知る事からはじめてみましょう。自分の肌に合ったケアをすれば、肌荒れも無く肌は健康的に強く保つ事が出来ます。