髪のパサつき防止

 

髪のパサつき防止

 

爽やかな秋、乾燥する冬・・・と季節が進むと、肌だけでなく、髪も乾燥しやすくなってきます。
空気の乾燥とともに、髪の静電気が起こったり、髪がまとまりにくかったりする悩む人に・・・。

 

 

毎日の洗髪方法を見直して、髪のダメージを最小限に!

 

1.お風呂に入る前には念入りにブラッシング。
細かなゴミやからまりを取ります。

 

2.髪を洗う前には、たっぷりのお湯ですすぎ洗いをします。
お湯で汚れを洗い流すくらいの気持ちで!

 

3.シャンプーはよ〜く泡立ててから使います。
「髪の毛を洗う」のではなく、「地肌をマッサージする」気持ちで。
髪の毛同士をごしごしこすりあわせるのは、髪が痛むのでNGです!

 

4.シャンプーの泡はよく洗い流します。
特に、耳の後ろ、額の髪の生え際などは、洗い残ししやすい部分なので念入りにすすぎます。

 

5.コンディショナーやトリートメントは、髪によくなじませます。
毛先の方が痛みやすいので、髪の長い方は毛先に重点的になじませるようにします。

 

6.最後のすすぎも充分に行います。
「もう充分すすげたかな?」と思っても、まだ流し切れていないことも多いものです。
シャンプーの時と同様、耳の後ろや生え際を中心に、すすぎ残しのないようにシャワーで流します。

 

7.入浴後の髪は、なるべく早めに乾かします。
というのも、濡れた髪の毛はキューティクルが開いた状態になっており、そのままでは髪が痛む原因になってしまいます。
吸水性のよいタオルですばやく、やさしく水気をふき取り、ドライヤーで乾かします。

 

8.ドライヤーの前後に、洗い流さないトリートメントをなじませるのも効果的です。

 

9.お風呂に入って髪を洗うのは、一日の終わりの、一番疲れている時間です。
シャンプーやトリートメント、コンディショナーなどは、香りや使用感など、使ってみて「心地よい」と感じるものを使うのが良いと思います。
一日頑張った自分に「おつかれさま」「がんばったね」の気持ちで、リラックスできるものを選びましょう。

 

 

とくに髪の乾燥が気になる場合は?

 


トリートメントには「ボリュームが気になる人のために」「パサつきが気になる人のために」などいろいろな種類がでています。

私もいろいろ試してきましたが、髪の乾燥がとくに気になる人は、椿油をなじませるのも良いと思います。
なじませるのは、髪の長さやボリュームにもよりますが、「少ないかな?」くらいから始めるのがポイント。
多すぎるとべたついてしまいます。
少なめから始めて、自分にあった量を見つけましょう。